善玉菌を増やす方法

人間の腸内には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌があり、日和見菌はその名の通り、善玉菌担ったり、悪玉菌になったりしています。意図的に善玉菌を増やすことができたら、どんなに素晴らしいことかと考えます。善玉菌が優位になると便秘や下痢が改善されて肌の調子も良くなり良いことばかりです。

では、どのようにすると善玉菌が増えてくれるのでしょうか?善玉菌などの腸内細菌がいるのは人間の腸内です。腸内に直接働きかけるためには食事に気をつけて善玉菌を活性化させるような食生活を目指していくことが大切になってきます。ではどのような食事をすると善玉菌を増やすことができるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

善玉菌を含んだ食品

善玉菌を増やすことを考えた食事と言うのは、どのような食事でしょうか?単純に考えて、善玉菌を含むものを食べる事です。ちょっと拍子抜けですね。体内に善玉菌を送り込む。それが善玉菌優位にする近道です。

では、どのような食品に善玉菌が含まれているのでしょうか?善玉菌の代表的なものとしては、乳酸菌とビフィズス菌があります。これらの菌を含んでいる食品は、ヨーグルトやチーズだけでなく、納豆、醤油、味噌など日本伝統の発酵食品に多く含まれています。

納豆に含まれている納豆菌は悪玉菌を押さえ込む働きがあるので、納豆はできるだけ毎日食べるように心がけています。日本は湿度が高く、発酵食品を作るのに適した土壌です。発酵食品は身の回りにありますが、ファーストフードやコンビニ食などを食べて、発酵食品を食べる機会が少なくなっているのではないでしょうか?少しずつでも発酵食品を取り入れる心がけをすると徐々にでも効果は出てくると思います。

 

善玉菌を効果的に増やす

直接善玉菌を含んだ食品を食べる他に、善玉菌が増えていく時に手助けしてくれるのは食物繊維です。ヨーグルトや味噌と一緒に食物繊維を摂ることによって効果的に善玉菌を増やすことに役立ちます。

では、どのようなものを摂るのが良いのでしょうか?
大豆・小豆・黒豆などの豆類やこんにゃく、切り干し大根、干し椎茸、ごぼうなどがあります。善玉菌の中にはビフィズス菌がありますが、その餌となりオリゴ糖が大豆やゴボウに多く含まれています。

オリゴ糖は胃液と腸の消化システムをくぐり抜けて大腸まで届きます。オリゴ糖を含む食品は結構会って、牛乳、バナナ、玉ねぎ、アスパラなどがあります。このような食品を心がけて食べていくと徐々に善玉菌が増えていくことが期待できます。

 

善玉菌を減らさない

タンパク質を過剰に摂ると悪玉菌が増えて、腸内で悪玉菌優勢になります。肉食を多必要くすると悪玉菌が増えてしまうので、なるべく、高タンパク、高脂肪の食事は回数を減らす、一回の食事の量を減らすなどの工夫をしたいものです。

また、食物繊維を取らないのも腸内環境を崩すことにんるので、食物繊維もしっかりと摂るようにいたしましょう。

 

生活習慣について

現在はストレス社会と言われていますが、そのストレスが自律神経に大きく作用します。自律神経が乱れると胃酸の分泌が十分でなかったり、腸の蠕動運動が低下したりするなどストレスは悪玉菌が活躍し易い環境を作るので気をつけたいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です