梅干、産膜酵母の対処

前回梅干瓶を開けてから一週間たったので様子を見てみました。

まず、上から覗いて驚きました。「周りが白くなっている!?」

どうやら産膜酵母がやってきたようです。

スポンサードリンク

umebosi_sanmakukoubo

ビニールを取ってみると・・・
umebosi_sanmakukoubo1

umebosi_sanmakukoubo2

umebosi_sanmakukoubo3
毎日ゆすって対策していたつもりでしたが、やっぱり甘かった。やっぱりというのは、今回は瓶の上いっぱいまで梅が入っているため、瓶をゆすってもあまりつけ汁が動かなかったのだと思います。

もうひとつの原因は、ビニールで完全に空気をショットアウトしたつもりでしたが、空気が入っていたようです。それとこの連日の猛暑で産膜酵母の活動も激しくなって来ていると思われます。今日はこれをリカバリーしていきます。土用干しは来週の夏休みにしようと思ってます。

まず、アク取りで出来るだけ産膜酵母をすくいました。
umebosi_sanmakukoubo_sukui

しそも取り除きます。
この後しそはもうこのまま干してしまおうと思っています。umebosi_siso

 

上げた梅干はこんな感じ、まだしそが直接あたっていたところしか赤くなっていないようです。これから液につけるので、最終的にはもっと赤くなっていく予定です。umebosi_totyu

 

つけ汁に産膜酵母が入っているので、日本手拭で漉します。
umenotukejiru_kosu

 

梅の漬け汁を漉し終わった状態。
白いつぶつぶがとれて綺麗になりました。
akaumezu

 

これに念のため、焼酎を入れておきます。
産膜酵母の活動を抑えるためです。
1カップ入れました。
shoutyu

 

 

梅は一つひとつ焼酎をくぐらせて、元の瓶に戻します。
umebosi_sakuseityu

 

赤梅酢を瓶に戻し、ラップで蓋をしました。
これで完全に空気から遮断されました。
umebosi_rappu

 

あと一週間で土用干しする予定なので、
産膜酵母が発生しないように願いをかけながら
新聞紙で瓶を封印しました。
umebosi_fuuin

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です