納豆の整腸作用

発酵食品といえば、真っ先とまでは行かなくても、筆頭にあげられるのが、納豆ではないでしょうか?その納豆のパワーはすごいです。まず、納豆はどのようにして作るかというと、大豆を煮て、納豆菌を加えて割合に高い温度をキープして発行させたものです。

納豆の自作派は少ないでしょうね。私も何度かは作ったことがありますが、今はスーパーの納豆にお世話になっています。

スポンサードリンク

納豆を食べる理由としては、単純に美味しいという理由があります。初めはたまにしか食べてなかったのですが、納豆のことを知れば知る程、納豆を更に美味しく感じて毎日の様に食べています。おおむね週に6パック食べています。

毎日のように食べることで、体調の変化が感じられるようになってきました。まず、口内炎ができにくくなりました。以前は半年くらいひっきりなしに口内炎が口の中のどこかにできている状態が続いていたのですが、納豆を食べるようになって、口内炎がほとんどできなくなりました。

また、できてもすぐに治るようになりました。これは、納豆に含まれるビタミンB2による恩恵であると調べてわかりました。口内炎ができないのは、とても快適です。

納豆パワーはそれだけにとどまらないようです。なんとガン予防にも役立つのです。納豆菌のパワーは凄まじくて、納豆菌を加える前の大豆から、大豆を煮て納豆にするとなんとビタミンB2が10倍に増え、ガン発生の一つであると言われている過酸化脂質の生成を阻止分解します。

納豆の効能はたくさんあるので、おいおい書いていこうと思います。このブログはたまにしか更新していませんが、自分用のメモとしてとても役になっています。一つにまとめられるので、どこかにメモしてなくなるという心配がないです。末永く続けていきます。

納豆を食べて一番実感しているのが、下痢の回数が極端に減ったことです。私はすぐに下痢と便秘を繰り返していましたが、納豆を継続的に食べるようになって、きちんと食べ物を消化してくれる様になりました。私が納豆の力で一番実感しているのは、整腸作用です。

納豆はご飯の上にのせるだけじゃなくて、納豆汁にしたり、トーストに挟んで食べたりと、いろんな食べ方があります。カラシを効かせてトーストと一緒にいただくのは最近お気に入りの食べ方です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です