乳酸菌の効果

お腹の状態を整えることが健康と美容などに良いと言うことがわかっています。腸内環境を整える働きがある乳酸菌に細菌とても注目が集まっています。

発酵食品の中には、たくさん乳酸菌を含んでいるものもあり好んで食べていると、腸内環境を整えるのに非常に効果的です。乳酸菌がどのように体に良いか、効果が期待できるかを調べてみました。

スポンサードリンク

乳酸菌と聞いてまず思いつくのが、便秘の解消ではないでしょうか?便秘の原因は腸内環境の悪化が挙げられます。その他にも賞持つ繊維の不足、ストレス、冷え性、運動不足、睡眠不足などがあります。この中で、腸内環境の悪化に乳酸菌が効果があると言われています。

腸内環境が悪化している状態というのは、腸内の善玉菌と悪玉菌そして、日和見菌のバランスが崩れているということになります。具体的には善玉菌が少なくなり、悪玉菌が増えるという図式です。日和見菌と言うのは、状況によって善玉菌にも悪玉菌にもなることができる菌のことです。

乳酸菌が腸内に入ることで、善玉菌が多いバランスに傾くということが言われています。腸内に乳酸菌が入ると、乳酸菌はその菌自体が善玉菌でありますが、もともと腸内にいる善玉菌のエサとなり、活動が活発になることがわかっています。そのために腸内の善玉菌が力をつけて、善玉菌優勢の腸内環境となっていきます。

腸内環境が崩れてくると、便秘のなりやすくなります。便秘になると老廃物が体の中に長くとどまるということになり、有毒ガスを発生して、それが体に回ってしまいます。それが肌荒れの原因になります。便秘が解消されると肌がきれいになるのはそのためです。

便秘に対して、下痢も腸内の環境が良くない時に起こる現象です。乳酸菌は腸の蠕動運動に作用して、下痢気味の方の腸内では、消化物が腸にとどまる時間を長くする作用があり、その時間が長くなった文、消化吸収をすることができるので、下痢が解消されていきます。

有害な腸内細菌は、有害な物質を作ります。その物質を体外に排出しようとするのが下痢が起きるということです。この種類の下痢を抑えるには、乳酸菌で腸内の環境を整えると下痢を改善することが期待できます。

免疫力アップ

風邪やインフルエンザに感染することは免疫力が落ちているためにかかってしまいます。免疫細胞の6割を腸で作り出していると言われています。腸の免疫細胞を活性化させることができれば、免疫力アップになり、免疫力が高くなると風邪やインフルエンザから守ることができます。

乳酸菌で免疫力をアップさせると、風邪やインフルエンザから体を守ることにつながります。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です