DCモーター扇風機はメリットが多く電気代節約でおすすめ

TEKNOS KI-323DC

扇風機が一台壊れてしまったので、夏を迎えるにあたり
購入することになりました。

今までの家に3台扇風機がありますが、
すべてお店の最安値品ばかりです。

電気店のチラシを見て、日替わりサース品に
並んで購入したものもあります。

ネットで安く扇風機を購入しようと検索してみると、
「DCモーター」という単語が出てきました。

DCモーターってなに?

DCモーターという単語が聞き慣れなかったので、
調べてみると、思ったとおりDC(直流)で羽を回します。

家電量販店のチラシにも大きく「DCモーター」と
表示してあります。金額が高いので、値段を見るだけで、
DCモーターなのかある程度判断ができます。

従来使っている扇風機はACモーター(交流)です。
コンセントに来ている電気ははAC(交流)で、
そのまま仕様するタイプ。

一方、DCモーターの扇風機は、内部でAC(交流)を
DC(直流)に変換しています。

DCモーターのメリット・デメリット

従来のACモーターよりも高価なDCモーター扇風機は、
どんなメリットがあるのか?
また、デメリットもあるのかを考えていきます。

比較の中には、実際に仕様している扇風機の比較なので、
すべての扇風機の特徴を網羅しているわけではありません。

DCモーターのメリット

  1. 風の種類のバリエーションが多い。
  2. 自然の風のような調節もできる。
  3. 音が静か。就寝時扇風機の音で起きることがなくなった。
  4. 消費電力が少なく家計に優しい。
  5. 今まで我が家の扇風機にはなかったリモコンが付いている。

DCモーターのデメリット

  1. 値段が高い。

デメリットを真剣に考えてみましたが、値段が高い以外に
見つかりませんでした。

性能的には圧倒的にDCモーター扇風機が勝っています。

魅力あふれる「DCモーター扇風機」を是非使ってみたくなりました。

DCモーター扇風機「TEKNOS KI-323DC」購入を決意!

DCモーター扇風機は、やっぱりお高いのです。

しかし、電気代がACモーターのものより安く、
長く使うと金額によっては、購入代金の元が
取れてしまうという可能性もあることから、
DCモーター扇風機を購入することにしました。

DCモーターの価格帯は、5,000円~30,000円くらい。
ざっくりと。

狙うのは、もちろん最安値。
メーカーに関しては全く問いません。

パナソニックなどの有名メーカーの物は、
どうしても高くなってしまうので、
マイナーなメイカーを選ぶことになります。

そこで購入したのが、TEKNOSというメーカーの機種名KI-323DCを
購入しました。

DCモーターとACモーターの比較

DCモーターの扇風機は初めて使います。
メリットが多いということで購入しました。

どのような違いがあるのか検証してみました。

外観

TEKNOS KI-323DC
見た目は普通の扇風機です。

今まで使っていたACモーターのものと比べてみましょう。

扇風機比較
パット見の背格好などはほぼ同じです。

上から見る
右がACモーター、首振り機能操作の突起がついています。
機械的な直接の操作で首振りを制御する仕組み

一方、左のDCモーター扇風機は風力などの調整の
スイッチに組み込まれているので、スッキリしたデザイン。

操作パネル

操作パネルには大きな違いがあります。

ACモーター操作パネル
まず、我が家ではおなじみのACモーター扇風機の操作パネル
3時間のタイマーと風量が3段階に調節することができます。

操作パネル
コチラはDCモーター扇風機

風量の調節は6段階に設定できます。
ACモーターのものよりきめ細かく設定が可能です。

それと、右上に是非注目していただきたいのですが、
連続の他に、「おやすみ」と「リズム」があります。
これは、今まで体験したことのない機能です。

リモコン

リモコン

操作パネルが若干浮いていると思ったら、
それはリモコンでした。

操作パネルと同じものが取れるという感じです。
これ、便利です。

今までの扇風機はリモコンがついておらず、
必要性も感じていませんでしたが、あると便利。

LED

現在使っている状況を青いLEDのランプが知らせてくれる。

これは真っ暗な寝室におくと結構明るい。
明かりが気になるなら消すこともできる。
うちでは全く気にならずに、おしゃれな照明が
増えたと喜んでいる。

DCモーター扇風機のいいところ

一般的に言われているメリット・デメリットを見て
購入しましたが、実際に使ってみてわかることもあります。
それらをかんたんに書いておこうと思います。

おやすみ風

今までのACモーター扇風機で気になっていた点は、「音」。
扇風機の音で目覚めることがひと夏に何度かあるのです。

DCモーター扇風機の音は静かなので、扇風機の音で起きたことは
ありません。

おやすみ風のモードにしておくと、マイコンの制御で、
徐々に風量が小さくなるようにコントロールされます。
タイマーと併用して使っています。

リズム風

自然の風かと錯覚するような風を送ってくれます。
このモードは使うまでこんなに良かったとは思いませんでした。

いままでのACモーター扇風機では一人で使う時、直接風を当てると
強すぎるので、首振りにして「弱」モードで仕様していました。

一人なので、首振りにしなくても良かったのですが、風を調節
するためにそうしていました。

DCモーター扇風機で「リズム風」モードセットして、
直接風が来るようにすると、窓を開けて入ってくる自然な風が
吹いているような強弱が付きます。

これいいです。
個人的に一番の良いところのような気がします。

DCモーター扇風機の残念なところ

DCモーター扇風機はいいとこばかりですが、
残念なところが一つだけありました。

それは、風の調節の操作が一発で行かないところです。
「一段回風量を上げる」操作なら「風量ボタン」を一回押すと
できますが、逆に「一段回風量を下げる」となると、
ボタンを5回押すことになります。

以前なら、一発のボタンの選択ですみました。

DCモーター扇風機の総合評価

DCモーター扇風機のメリットの一つの電気代についてですが、
これだけ計測することはできないので、机上の計算ということになります。

メーカーのサイトなどを見ると明らかに節電効果があるので、
うまくいくと、ACモーター扇風機の差額以上の効果がでる
可能性があります。

何年持つか、生涯運転時間や使い方によって変わって来ます。

音は静かです。風量を大きくすると音はあまり変わらない感じですが、
性能の半分くらいまでの使い方だと音の静かさが実感できます。

首振りもリモコンで切るのは素晴らしいところです。
今までなら、実際に扇風機のところまで行かなくては、
できませんでしが、この扇風機ならスイッチひとつです。

それと、電源コードが後30センチ長いと使うがってが
良かったところです。これは今までの扇風機の長さと
変わらないので、DCモーター扇風機の特徴ではありませんが
ついでに書いときます。
ちなみに電源コードの長さは約1.6メートルです。

ネットで、DCモーター最安値で購入したこの扇風機ですが、
購入してよかったです。
他の扇風機の更新時期には、DCモーター扇風機を購入すると思います。

DCモーター扇風機を購入したほうが良い場合

私はすごくこの、DCモーター扇風機が気に入ってしまいましたが、
万人におすすめ等わけではありません。

そこでおすすめしたい場合と、今までの安価なACモーター扇風機の
方が適している場合をまとめてみます。

DCモーター扇風機がおすすめの人

  • 優しい風で涼みたい
  • 冬でもサーキュレーターとしてエアコンとペアで一年中使用する。
  • 洗濯物の部屋干し時に仕様

今までの安いACモーター扇風機がおすすめの人

  • 常に強い風で使用したい
  • 期間限定、夏だけ使う
  • 洗濯物の部屋干し時に仕様

こんなところです。
無理して高額なものを買う必要はありません。
私はDCモーター扇風機が気に入りましたが、
ACモーター扇風機に何ら不満を感じないという方は、
リーズナブルなACモーター扇風機と相性が良いので
これからも選択するのがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です