おからと豆乳で味噌を作るのは簡単でしかも材料費が安いのでおすすめ

玄米おからみそ

味噌づくりで一番大変なのが、大豆を「煮る」ことと「潰す」こと。楽をするために、煮て潰してあるものを購入するという方法もありますが値段が高い。

しかし、一度だけ煮て潰してある味噌作りキットを体験してしまったので、その簡単さはとても捨てがたく、今後楽に手作り味噌を作るには、「おから」を利用してみてはどうかという考えにたどり着きました。

しかもおからは安い上に、大豆を煮るための約半日つけっぱなしのガス代も必要ない。いいこと尽くめなのです。

問題はお味なのですが、こればっかりは出来上がりを体験するしかありません。

おからって何?

念の為に、「おから」って初めて聞くという方もいるかも知れないと思い、おからとはなにかということを書いておきます。おからとは、豆腐を茹でて豆乳を絞ったあとの残りです。

調理用にスーパーでも売っていますよね。

今回味噌を仕込むために全部で2kg購入しました。スーパーではなく地域のとオフやさんで購入しました。

工場に直接買えるこの華道家電話をかけて聞いてみたところ、予約が必要と言うことで仕込み前日に予約をして購入しました。

予約時に料金聞き損じてしまったのですが、当日払った料金は2kgで600円でした。価格に対して先入観がまったくなかったので、こんなものか?という程度でした。大豆を購入するよりも安いし、煮る手間もかからないのですから良い買い物をしたと思います。
おから

今回仕込んだ材料は次の通り

  1. おから    1kg
  2. 玄米糀    1kg
  3. 豆乳    400g
  4. 塩     400g
  5. 酒粕     適量

おからだけだとパサパサで団子にすることができません。
そこで水分が必要になってきます。水を入れるというレシピもありますが、おからはそもそも豆乳を絞ったものなので、市販の豆乳を入れると、普通に大豆からつくる味噌と遜色ないものができると考えました。

なので水よりも豆乳を加えることにしました。

それと、酒粕はなんで使うの?という疑問があると思います。これは最後にカビ防止で蓋に使います。

糀は玄米糀と普通の白米の糀で2種類作りました。
材料としては、糀の種類が変わっただけです。

  1. おから    1kg
  2. 糀      1kg
  3. 豆乳    400g
  4. 塩     400g
  5. 酒粕     適量

今までの味噌づくりの経験から、玄米味噌は普通の糀よりも発行スピードが遅いような気がしています。今回同時に作るのでその検証をしてみます。

おから味噌を仕込んでいきます

糀と塩は前日から混ぜて塩きり糀を作っておきました。玄米味噌を一年半前に仕込んでいて、その容器をそのまま使用してみます。こうすることで美味しくなっていくのか実験です。

塩と糀を混ぜる

塩きり糀

塩
最近お気に入りの塩

豆乳
豆乳は値段で勝負!

容器に詰めます

大豆の茹でたものから材料がおから+豆乳になるだけで通常の味噌作りと工程はさほど変わりません。

材料をお団子状にして容器に詰めていきますが、お団子状にしたときの写真を取り忘れました。(汗)

この工程のキモは空気を極力入れないで容器に詰めるということです。

玄米麹+おから
玄米麹

白米糀
白米糀

カビ予防に酒粕を使用

味噌を作る上で大敵なのがカビです。今まで試してみてカビ対策で一番良かったのが、「酒粕」です。上に酒粕を敷き詰めてその上にラップをして終了です。

酒粕は常温でもかびたり腐ったりしません。
酒粕の賞味期限が切れて茶色に変色したものは使えるか

密閉容器で作るときには重しも使いません。このまま床下収納で保存します。

酒粕on玄米
玄米麹

酒粕on
白米糀

酒粕の色が白ではないのはエイジングされているからです。
エイジングされた酒粕は美味しいので食べています。
酒粕トーストは、長期保存・賞味期限切れ酒粕で作る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です